9月の誕生石【クンツァイト】 | ジュエリーブランド WAKO【広島和光】 9月の誕生石【クンツァイト】 – 広島のジュエリーブランドWAKO|広島和光

ホーム 〉 お役立ち情報 〉 9月の誕生石【クンツァイト】

お役立ち情報

2022/08/22

324View

9月の誕生石【クンツァイト】

この記事のライター

WAKO HONDORI

昭和28年、戦後間もなく広島で宝石・時計の販売会社としてとしてスタートした株式会社和光。 創業者の田中 稲城は、広島に平和都市としての光をそそぎたいという想いから和光を創業。 当時より和光の方針として、本当に良いものを仕入れ、最高のサービスと薄利でお客様に提供することにこだわり続けた結果、多くのお客様から共感を得ることになりました。 広島の皆様に親しまれ、愛される小売店を目指し、『最高の商品を最低の価格で販売すること』へのこだわりは、65年経った今でも変わらず守り続けております。

9月の誕生石に新しく加わった 【クンツァイト】
柔らかで愛らしい【クンツァイト】の魅力♡について触れてみます☆

新しい誕生石に選ばれたクンツァイト

 日本の誕生石は、1958年以来63年ぶりの改訂となり、「クンツァイト」はサファイアと共に9月の誕生石となりました。

クンツァイト」は、淡いライラックからピンクがかった宝石で、その名前の由来は、ティファニー社の有名な宝石鑑別士、 ジョージ・フレデリック・クンツ博士に因んで命名されました。

ジョージ・フレデリック・クンツ博士と言えば、ゾイサイトに「タンザナイト」という宝石名を命名。

また、ピンクベリルに「モルガナイト」を命名したことでも知られています。

クンツァイトの産地と特徴

クンツァイトは、1902年カリフォルニアのホワイトクリーン鉱山で発見された宝石で、スポジュメンという鉱物のひとつです。あやめの花の様な色合いの為、「カリフォルニア・アイリス」と呼ばれています。

また、アフガニスタン産のクンツァイトは、透明度が非常に高く、それでいて鮮やかな紫ピンク。

それぞれの産地で甘さも少しずつ違うようですが、いずれにしても心の穏やかさ、平穏を望める宝石のようです。

 

1953年創業、販売実績30万人。広島を代表するジュエリーブランド「WAKO」。

ご予約はこちらから

お問い合わせはこちらから

【本通店】広島市中区本通5-10/082-247-2211

【アクアセンター店】広島市中区基町6-27 アクア広島センター街4F/082-225-

 

クンツァイト石言葉宝石言葉

     クンツァイトはその柔らかで美しい色見から、愛の石と知られています。

クンツァイトの石言葉は、「無償の愛」、「無限の愛」、「純粋さ」、「可憐」など。

その他、「聖母マリアの石」、「神の愛に繋がる石」という表現をすることもあります。

 

クンツァイトが好まれる理由

比較的手頃な価格帯の中で、色・クラリティ・カットに拘り探すことができます。

  色  色は鮮やかであればある程、価値は高くなる。

  クラリティ  内包物がなく、透き通った綺麗な石を選ぶ。

  カット  2方向に劈開を持つという難題があるので、高度な技術によって美しさを引き出せる。

古来より宝石には、神秘的な力があると考えられており、現代では、石言葉を考慮して宝石選びをされる方も少なくないです。

今回は9月の誕生石クンツァイトをご紹介しましたが、クンツァイトに限らず、誕生石の選択肢が増えた分、色で楽しむファッションが増え、楽しみも倍増しそうですね♡

 

RANKINGランキング

FEATUREオススメ記事