ホーム 〉 お役立ち情報 〉 バルセロナの至宝『MASRIERA』(マリエラ)

店内イベント

2021/08/23

3697View

バルセロナの至宝『MASRIERA』(マリエラ)

この記事のライター

WAKO HONDORI

昭和28年、戦後間もなく広島で宝石・時計の販売会社としてとしてスタートした株式会社和光。 創業者の田中 稲城は、広島に平和都市としての光をそそぎたいという想いから和光を創業。 当時より和光の方針として、本当に良いものを仕入れ、最高のサービスと薄利でお客様に提供することにこだわり続けた結果、多くのお客様から共感を得ることになりました。 広島の皆様に親しまれ、愛される小売店を目指し、『最高の商品を最低の価格で販売すること』へのこだわりは、65年経った今でも変わらず守り続けております。

只今、8月21日(土)から29日(日)まで、本通店初の『MASRIERAコレクション』を開催致しております。

今回はガウディ、ピカソ、ダリ、ラリックと並び立つアートとして世界に認められた
スペインの芸術作品『MASRIERA』(マリエラ)をご紹介させていただきます。

 

 

『バルセロナ七宝』

1872年、スペインカタロニアに生まれたリュイス・マリエラ・イ・ロザスは、17歳の時ジュネーブで「リモージュ製法」という七宝の技法を修得、その後研究の末、半透明の七宝「バルセロナ七宝」を生み出しました。

淡く華やかな色彩によって彩られた作品の数々はそのデザイン・技法共に創業当時から変わらず、現在に引き継がれています。

 

スペインを代表するジュエリーコレクションとしてバルセロナを訪れる国賓には必ず贈られています。

スペインへ訪れた皇后美智子様にプレゼントされたことでも話題となりました。

皇后美智子様にプレゼントされたブローチ

 

 

 

1953年創業、販売実績30万人。広島を代表するジュエリーブランド「WAKO」。

ご予約はこちらから

お問い合わせはこちらから

【本通店】広島市中区本通5-10/082-247-2211

【アクアセンター店】広島市中区基町6-27 アクア広島センター街4F/082-225-3215

 

 

アールヌーヴォーとは

19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動で、「新しい芸術」を意味します。

花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄やガラスといった当時の新素材の利用などが特徴です。

 

 

 

 

 

『マリエラ』作品の特徴

100年前マリエラが独自にあみ出した七宝で、半透明と淡い色合いと製造の特質から強い耐久性を持っています。

3000点ほどのデザインが保存されており、そのデザインと美しさはアール・ヌーボーを代表とするものとして高く評価され、3代100年に渡り新しいデザインは一切作らず、リュイス・マリエラのオリジナル作品を当時の伝統技術を用いて忠実に復刻しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

【マリエラ】公式ホームページ➡ https://masriera.jp/

 

この貴重な機会に、スペインの芸術作品に触れてみませんか。

ご来店心よりお待ちしております。

 

RANKINGランキング

FEATUREオススメ記事

  • WAKO本通店
    1. WAKO本通店アプリ
    2. WAKO本通店インスタグラム
    3. WAKO本通店 line
    WAKO本通店公式アプリダウンロードQR

    本通店公式アプリQR

  • WAKOセンター店
    1. WAKOセンター店アプリ
    2. WAKOセンター店インスタグラム
    3. WAKOセンター店 line
    WAKOセンター店公式アプリダウンロードQR

    センター店公式アプリQR

SPメニューを開く