ジュエリーは掌に乗る小さな趣味の世界 ジュエリーデザイナー【菅沼知行】 | ジュエリーブランド WAKO【広島和光】 ジュエリーは掌に乗る小さな趣味の世界 ジュエリーデザイナー【菅沼知行】 – 広島でジュエリーアクセサリーはWAKO JEWELY|和光ジュエリー

ホーム 〉 お役立ち情報 〉 ジュエリーは掌に乗る小さな趣味の世界 ジュエリーデザイナー【菅沼知行】

店内イベント

2020/04/20

142View

ジュエリーは掌に乗る小さな趣味の世界 ジュエリーデザイナー【菅沼知行】

この記事のライター

WAKO HONDORI

WAKO HONDORI

昭和28年、戦後間もなく広島で宝石・時計の販売会社としてとしてスタートした株式会社和光。 創業者の田中 稲城は、広島に平和都市としての光をそそぎたいという想いから和光を創業。 当時より和光の方針として、本当に良いものを仕入れ、最高のサービスと薄利でお客様に提供することにこだわり続けた結果、多くのお客様から共感を得ることになりました。 広島の皆様に親しまれ、愛される小売店を目指し、『最高の商品を最低の価格で販売すること』へのこだわりは、65年経った今でも変わらず守り続けております。

4月の催し【菅沼知行ジュエリー展】を開催中

和光本通店
    日時 4月17日(金)~ 23日(木)
       11時~18時30分

『プロローグ』

菅沼知行先生は,

鎌倉に生まれ、洋画を学び、モダンアート協会展で最年少入選されました。

その後、彫金を学んだ後にジュエリーデザインの世界に・・・。

 

ジュエリーデザイナー協会会長を経て、現在は、ご自身が主催される鎌倉のアトリエジュピクで、

若者の技術指導等、育成に力を注いでいらっしゃいます。

 

【ジュエリーデザイナー菅沼知行】のコレクションの特徴は、カラーストーンの美しさです。

この鮮やかなブルーのペンダントは、今回、多くの作品の中で個人的に心を惹かれたペンダントです。

何とも言えない透明感のあるペンダントです。

が、こればかりは見たままをお伝えする事が難しいので、

是非、店内でご覧になって頂きたいと思っています。

 

また、カラーストーンの美しさに加えて、

四つのシリーズ構成で成り立つ作品も、ご紹介させていただきます。

 

『鞠』シリーズ

この『鞠シリーズ』は、日本の『てんてん手毬』からヒントを得た作品です。

日本の絹で作った絹織物の風合いがあり、実際に糸のような細い線を作り、

寄せて作っていきます。

佐賀錦の様…と支持される作品で, 鋭く輝く繊細な美しさが魅力です。

 

『繭』シリーズ

『繭シリーズ』は、先生がシルク美術館に出かけられた折に,

様々な蚕の繭に興味を持たれたのがきっかけで作られた作品です。

艶消しの地金作りの基本、たがねを使って金属を削る手法をあえて

削らず足していく手法で作成。

微細な線を網目状に重ねてあります。厚みを均等にするのがポイントだそうです。

 

 

 

1953年創業、販売実績30万人。広島を代表するジュエリーブランド「WAKO」。

ご予約はこちらから

お問い合わせはこちらから

【本通店】広島市中区本通5-10/082-247-2211

【アクアセンター店】広島市中区基町6-27 アクア広島センター街4F/082-225-3215

 

 

『ラプソディー』シリーズ

『ラプソディーシリーズ』は、岩肌に水滴が流れ、弾ける様子を表現した作品です。

自然の躍動感と落ち着きが共存するデザインで、

これからもますます変化し、進化していくシリーズです。

 

『和紙』シリーズ

『和紙シリーズ』は、彫金の技術を生かし丸めた紙で、伸ばしたような質感を表現した、

先生の代表作品です。

そして『発明する』という事においては、

ブローチとペンダントが兼用できるブローチピン(留め金具)を発明(特許第3541036号)し、

特許製品『ロンドピン』と命名し、発売されています。

 

『ロンド』Rondo は音楽用語で、主題と副題が組み合わさる輪舞曲に因んで命名したそうです。

菅沼先生のジュエリーの中で言うと、主題がペンダント、副題がブローチと言うことでしょうか・・・。

                

                                                

店内にて、心穏やかに、ゆったりとした時間をお過ごしください。

 

 

 

関連記事

RANKINGランキング

FEATUREオススメ記事