★塩島敏彦展★【WAKO】  | ジュエリーブランド WAKO【広島和光】 ★塩島敏彦展★【WAKO】  – 広島でジュエリーアクセサリーはWAKO JEWELY|和光ジュエリー

ホーム 〉 お役立ち情報 〉 ★塩島敏彦展★【WAKO】 

店内イベント

2019/11/11

128View

★塩島敏彦展★【WAKO】 

この記事のライター

WAKO AQA

WAKO AQA

昭和28年、戦後間もなく広島で宝石・時計の販売会社としてとしてスタートした株式会社和光。 創業者の田中 稲城は、広島に平和都市としての光をそそぎたいという想いから和光を創業。 当時より和光の方針として、本当に良いものを仕入れ、最高のサービスと薄利でお客様に提供することにこだわり続けた結果、多くのお客様から共感を得ることになりました。 広島の皆様に親しまれ、愛される小売店を目指し、『最高の商品を最低の価格で販売すること』へのこだわりは、65年経った今でも変わらず守り続けております。

先日、アクアセンター街WAKOにて塩島敏彦展が開催されました。

塩島先生の作品『ピクウェ』『ミニアチュール』『パート・ド・ヴェール』『アイボリー・カービング』をご紹介します。

塩島敏彦先生プロフィール

 

 

1954 年 5 月甲府市生まれ

1976 年 象嵌作家塩島東峰に師事

1983 年 有機素材に平象嵌をする特殊技術を習得後渡英

中世ヨーロッパに幹を発し、幻の技術と呼ばれたピクウェの再現に挑戦

1985 年 100 年ぶりに技法を復活し、世界で唯一のピクウェ作家として現在に至る

1998 年 日本象牙工芸展において東京都知事賞受賞

2000 年・2002 年 日本象牙工芸展において経済産業省製造産業局長賞受賞

 

現代では製作が難しいとされていた『アイボリーカーヴィング』

『ミニアチュール』『パート・ド・ヴェール』の技法に挑戦し、再現。

常に素材、デザイン、技術のバランスのとれた宝飾品を製作されています。

 

pique【ピクウェ】

ピクウェの歴史は古く、130年前に技術が途絶えて以降、

ピクウェの製造方法は文献として何も残っておらず、

アンティークジュエリーの世界では幻の技法と呼ばれていました。

塩島先生により再現されたピクウェは、鼈甲(べっこう)や蝶貝などの

有機素材に純金、純プラチナを嵌め込む特殊象嵌を用いており、

それが出来る作家は世界でもほとんどいません。

 

※象嵌(ぞうがん)とは…

金属・陶磁器・牙(きば)・木材などに、模様などを刻み込んで、

そこに金・銀その他の材料をはめ込むこと。また、そのはめ込んだもの。

白蝶貝に金、プラチナパーツが嵌め込まれ、彫金されていますが

表面は引っ掛かりがなく、つるっとしています。

細かく彫金が施されることにより、きらきらと光ります✨

 

IVORY CARVING【アイボリーカーヴィング】

アイボリーカーヴィングとは象牙彫刻のことです。

アイボリーカーヴィングの宝飾品は、アンティークジュエリーの世界では見ることがきますが、

現在制作している作家はヨーロッパを含めても塩島先生以外にはほとんどいません。

理由としては象牙の素材が入手困難であり、技術、コストのリスクが非常に大きいからです。

塩島先生が使用する象牙は、ハード材の材質の中でも

中心部の一番良い素材のみを使用しているため、

象牙によく見られる変色は100年経過しても起こりません❕

 

 

1953年創業、販売実績30万人。広島を代表するジュエリーブランド「WAKO」。

ご予約はこちらから

お問い合わせはこちらから

【本通店】広島市中区本通5-10/082-247-2211

【アクアセンター店】広島市中区基町6-27 アクア広島センター街4F/082-225-3215

 

 

PATE de VERRE【パート・ド・ヴェール】

パート・ド・ヴェールは紀元前16世紀頃にメソポタミアで考案された技法です。

パート・ド・ヴェールの技法は、ガラス粉末に、糊料を加え練ったものを型に詰め、

そのまま窯の中で焼き上げ、冷却後仕上げるガラス成型法のことです。

またガラスの色を自由に調合し、細かい部分にも自在に色を付けることができるため、

極めて表現豊かな作品を作ることができます。

極めて微妙で、且つ繊細な技術が要求されますが、

塩島先生は卓越した造形力と、より高度な技術により、

どの時代の、どの作家もなしえなかった宝飾品として展開しています。

 

Miniature【ミニアチュール】

ミニアチュールは、15世紀初頭、リンブルグ出身のランブール兄弟により確立。

その後ヴィクトリアなどによるミニアチュールが流行しますが、

その後200年もの間途絶えていた幻の技法です。

塩島先生が挑戦したミニアチュールは、表面に特殊な彩色を施した象牙の薄い板に

薄さ0.8ミリの象牙にマイクロカーヴィングを施した花束などのモチーフを貼り、その上から研磨した水晶で密閉しています。

この水晶のレンズにより、奥行きのある空間を作り出しています。

現代作家が誰も挑戦しなかったと言われる技法。

わずか0.8ミリの象牙にマイクロカーヴィングを施せる塩島先生の技術は

まさに神業と言えます✨

 

注目のジャパン・デザインのジュエリー

塩島先生の作品は、本場の西欧ですら誰も実践しない技法をもとにし、

日本的なデザインを加えた画期的な作品です。

将来、交換価値を持ち得る宝飾品として世界的に注目されています。

 

 

今回先生にご来店頂いて、技術の素晴らしさと、先生の人柄に出会えてとても楽しい催事となりました。

先生に感謝致します☆彡

関連記事

RANKINGランキング

FEATUREオススメ記事