重ねるほどもっとお洒落に『ジュエリーレイヤード』 | ジュエリーブランド WAKO【広島和光】 重ねるほどもっとお洒落に『ジュエリーレイヤード』 – 広島でジュエリーアクセサリーはWAKO JEWELY|和光ジュエリー

ホーム 〉 お役立ち情報 〉 重ねるほどもっとお洒落に『ジュエリーレイヤード』

お役立ち情報

2019/11/12

81View

重ねるほどもっとお洒落に『ジュエリーレイヤード』

この記事のライター

WAKO HONDORI

WAKO HONDORI

昭和28年、戦後間もなく広島で宝石・時計の販売会社としてとしてスタートした株式会社和光。 創業者の田中 稲城は、広島に平和都市としての光をそそぎたいという想いから和光を創業。 当時より和光の方針として、本当に良いものを仕入れ、最高のサービスと薄利でお客様に提供することにこだわり続けた結果、多くのお客様から共感を得ることになりました。 広島の皆様に親しまれ、愛される小売店を目指し、『最高の商品を最低の価格で販売すること』へのこだわりは、65年経った今でも変わらず守り続けております。

洋服を身に纏い、コーディネートの最後につけて楽しむ『宝石』。

一般的に、耳・首回り・胸元・腕・手・指先など身に着けます。

その中でも、手や指先は自分自身の目に飛び込んでくるので、自分の気持ちのモチベーションも上がりやすく容易に変化がつけやすいかも。。。

そんなリングのちょっとした工夫の仕方をお話しします。

ゴージャスリング

ゴージャスなお気に入りのリングを一点。

一点シンプル、華やか主義も有りですが、今回は数点バランス良く重ね付けして楽しんでみませんか?

 

 

まず、利き手のベストポジションにボリュームのあるリングを。

利き手のリングは動作が多くなり視線を集めやすく、その日の装いを完成させる重要な役割を持っています。

 

もう一方の手には、普段使いし易いお互いを引き立てあうリングを幾つか重ねて、両手に輝きを散りばめてみると、不思議に落ち着き楽しめたりします。

 

地金もゴールド・プラチナなどを限定せずにmixで。

 

プレシャス世代はダイヤの輝きも必須です。

 

 

 

1953年創業、販売実績30万人。広島を代表するジュエリーブランド「WAKO」。

ご予約はこちらから

お問い合わせはこちらから

【本通店】広島市中区本通5-10/082-247-2211

【アクアセンター店】広島市中区基町6-27 アクア広島センター街4F/082-225-3215

 

 

 

ポメラート風カラーストーン

色鮮やかなストーンはどちらかの手に一点で使うか、思い切ってこんな重ね方も。

キャンディーの様で可憐な感じが漂います。

 

華奢なオーソドックスタイプ

一点一点がバラバラにならないよう繋ぎ役には、華奢なリング(一文字やエタニティ)をプラスすると印象も柔らかくなります。

左手の小指(英語でピンキー)のリングは”幸運をキャッチしてくれる”といういわれも。。。

験を担いで細めのリングを重ねてボリュームupで活躍させたいですね。

 

 

季節も移り、気分を変えて手元も思い切ってバランスよく楽しんでみましょう。

この冬、リングを重ね合わせて自分流に工夫し、レイヤードに挑戦してみてはいかがでしょうか。

また違った時間とおしゃれの楽しみ方が見つかるかも。。。

 

関連記事

RANKINGランキング

FEATUREオススメ記事