象嵌作家 塩島敏彦~美しきピクウェの世界~ | ジュエリーブランド WAKO【広島和光】 象嵌作家 塩島敏彦~美しきピクウェの世界~ – 広島のジュエリーブランドWAKO|広島和光

ホーム 〉 お役立ち情報 〉 象嵌作家 塩島敏彦~美しきピクウェの世界~

店内イベントお役立ち情報

2021/11/15

59View

象嵌作家 塩島敏彦~美しきピクウェの世界~

この記事のライター

WAKO AQA

WAKO AQA

昭和28年、戦後間もなく広島で宝石・時計の販売会社としてとしてスタートした株式会社和光。 創業者の田中 稲城は、広島に平和都市としての光をそそぎたいという想いから和光を創業。 当時より和光の方針として、本当に良いものを仕入れ、最高のサービスと薄利でお客様に提供することにこだわり続けた結果、多くのお客様から共感を得ることになりました。 広島の皆様に親しまれ、愛される小売店を目指し、『最高の商品を最低の価格で販売すること』へのこだわりは、65年経った今でも変わらず守り続けております。

今年も『塩島敏彦氏』をお迎えし、WAKOセンター店にて店内催事を無事開催することができました(*^^*)

中でも人気の【ピクウェ】を今回はご紹介いたします♪

 

【ピクウェ】

 

 

白蝶貝や黒蝶貝、べっ甲などの有機物に金銀色の細工が映えるこれらのジュ

エリーは【ピクウェ】という特殊な象嵌技法でつくられています。

 

この技術はかつて14 世紀頃にヨーロッパで生まれ、ジュエリーの装飾技法へ

と発展しました。

 

しかしながら、19 世紀には伝承が途絶えてしまい、アンティークジュエリー

の世界では「再現不可能な幻の技法」と呼ばれてきました。

 

その技法を独自に研究し、現代に蘇らせたのが塩島敏彦氏です。

 

 

 

 

精度100分の2ミリといわれる特殊象嵌の技法でつくりあげる塩島敏彦氏

ピクウェ】は完成度においてもデザインの斬新さにおいても、当時の

ピクウェ】を凌ぐものといえます。

 

 

今回は、その「幻」と呼ばれた技術でつくられた【ピクウェ】のジュエリ

ーをご紹介いたします。

 

 

リング

 

ピクウェ】のジュエリーは、華やかさと上品さが共存するデザインで身

に着けることのできる芸術作品です。

 

 

金やプラチナで象嵌された模様が、ジュエリー上級者のお客さまの目にも新

鮮に映るのではないでしょうか♡

 

 

 

 

こちらは美しい輝きの黒蝶貝にゴールドとプラチナで装飾を施し、ダイヤモ

ンドや小さなパールで縁取った華やかなデザインのリングです。

 

 

ボリュームのあるリングですが、エレガントな曲線ですので女性らしい印象

を与えます♡

 

 

 

 

 

1953年創業、販売実績30万人。広島を代表するジュエリーブランド「WAKO」。

ご予約はこちらから

お問い合わせはこちらから

【本通店】広島市中区本通5-10/082-247-2211

【アクアセンター店】広島市中区基町6-27 アクア広島センター街4F/082-225-3215

 

 

ペンダント

 

デイリーに楽しみたいペンダントも、バリエーション豊かに揃います。

 

 

繊細な細工はそのままに、可愛らしいサイズですので、普段の装いにさりげ

なくプラスしていただける遊び心のあるアイテムです。

 

 

複数を組み合わせてもトゥーマッチな印象にならないので、思わずコレクシ

ョンしたくなってしまいますね♪

 

 

 

 

 

ブローチ

 

思わず目を奪われる、華やかなブローチです。

 

質感の異なるもの同士から生まれるコントラストで、それぞれのモチーフが

より活き活きと浮かび上がります。

 

こちらは貴重な美しい飴色の鼈甲を使用したブローチです。

 

 

 

ブラウスの襟元やニットをお召しの際のワンポイントに、ご愛用いただける

と思います♡

 

 

 

 

 

 

どこか温もりを感じさせる塩島先生のジュエリーは、【ピクウェ】を含

め、すべて手作業でつくられているのでどれもが1点モノです。

 

 

今日はどんなファッションにどんな風に合わせよう?と、オリジナルのコー

ディネートを考えるのが楽しくなりますね✿

 

 

 

RANKINGランキング

FEATUREオススメ記事