12月の誕生石【WAKO】 | ジュエリーブランド WAKO【広島和光】 12月の誕生石【WAKO】 – 広島でジュエリーアクセサリーはWAKO JEWELY|和光ジュエリー

ホーム 〉 お役立ち情報 〉 12月の誕生石【WAKO】

カラードストーン

2019/11/25

57View

12月の誕生石【WAKO】

この記事のライター

WAKO HONDORI

WAKO HONDORI

昭和28年、戦後間もなく広島で宝石・時計の販売会社としてとしてスタートした株式会社和光。 創業者の田中 稲城は、広島に平和都市としての光をそそぎたいという想いから和光を創業。 当時より和光の方針として、本当に良いものを仕入れ、最高のサービスと薄利でお客様に提供することにこだわり続けた結果、多くのお客様から共感を得ることになりました。 広島の皆様に親しまれ、愛される小売店を目指し、『最高の商品を最低の価格で販売すること』へのこだわりは、65年経った今でも変わらず守り続けております。

今年も残すところ、1ヶ月と少しとなりました。
今回は1年を締めくくる12月の誕生石をご紹介します。

タンザナイト

タンザナイトという宝石名から想像できるように

産出されるのはタンザニアです。

この宝石の色合いが、産出地タンザニアにあるキリマンジャロの夕暮れ時に、

美しい青紫色になる夜空に似た色をしていることから

「タンザニアの夜」を意味するタンザナイトとティファニー社が命名しました。

タンザナイトには多色性という特徴があります。

多色性とは見る角度や光の加減によって色が変わって見える性質です。

群青色に見えたり、紫色が強く見えたり、どちらの色も有したりもします。

透明感にも満ちたとても美しい宝石です。

 

 

 

 

1953年創業、販売実績30万人。広島を代表するジュエリーブランド「WAKO」。

ご予約はこちらから

お問い合わせはこちらから

【本通店】広島市中区本通5-10/082-247-2211

【アクアセンター店】広島市中区基町6-27 アクア広島センター街4F/082-225-3215

 

 

 

トルコ石

トルコ石はターコイズとも呼ばれます。

英語由来の名がターコイズ、フランス語由来の名がトルコ石というだけで同じ宝石を表します。

均一なスカイブルーで最高級とみなされたものはペルシャンとも呼ばれるそうです。

それから良いとされている色合いは、「コマドリの卵の青色」を意味する

ロビンエッグ・ブルーが美しい色とされています。

トルコ石は世界で最古の宝石のひとつです。

古代エジプト時代から宝飾品にされていました。

いろいろな国で古くから愛用され、宝飾品以外にもお守りとしての力も信じられてきました。

持ち主を守る石だと言います。

均一なスカイブルーのカボションカットも美しいですし、彫刻が施されたカメオなども素敵です。

 

 

ラピスラズリ

こちらも歴史のある宝石です。

古代には粉末にし「薬」として治療に使われた事もあります。

それから、「最強の聖石」などと呼ばれパワーストーンだと

世界中で認識されているようです。

ラピスラズリはアラビア語で「天」や「空」を意味する

「ラザワルド」からきています。

濃い青い色はきれいな夜空のように美しいですね。

 

 

関連記事

RANKINGランキング

FEATUREオススメ記事