【本通店】中嶋邦夫ジュエリーコレクション開催のお知らせ | ジュエリーブランド WAKO【広島和光】 【本通店】中嶋邦夫ジュエリーコレクション開催のお知らせ – 広島のジュエリーブランドWAKO|広島和光
  • NEWS 2022/11/15

    【本通店】中嶋邦夫ジュエリーコレクション開催のお知らせ

    中嶋邦夫 ジュエリーコレクション開催

     

    開催日時

    2022年11月25日(金)~29日(火)

    AM10時30分~PM7時30分

    11月25日(金)・26日(土)中嶋邦夫 氏来店

     

     

    中嶋邦夫氏

    宝石やエナメルを絵の具のように用いた繊細かつ優美なデザインで、日本の美しい四季を表現したジュエリー制作を中心に活躍中

     

    独特の世界観を生み出す4つの技法

     

    【プリカジュール】

    Pliqua a jour

    アール・ヌーボー期のジュエリーに多く用いられたエマイユ(七宝)技法の一つで、ステンドグラスの美しさをジュエリーの中に再現させた、透明感と色彩にあふれた技法

    通す光の色によって移り変わる色彩を楽しんでいただける作品です。

    〈上:ドングリ ブローチ〉

    〈下:イヌノフグリ ペンダント他〉

     

     

    【バスタイユ】Bass taille

    地金部分に繊細な彫金模様を施し、模様が浮き上がるよう透明の釉薬をのせて焼き付ける技法

    単色の釉薬だけでなく多色のグラデーションを用いたり半透明にすることでエマイユ(七宝)素材の表現力の奥深さを感じる作品です。

    〈上:カスミソウ ブローチ〉

    〈下:ジャスミン リング他〉

     

     

    【パート・ド・ヴェール】

    Part de verre

    ガラスの粉や粉末を高温で焼成する技法

    エマイユ技法の中では唯一立体的な表現ができる技法で、まるで砂糖菓子のような柔らかな色彩と造形が魅力です。

    〈上:ウサギ ブローチ〉

    〈下:ブラックベリー ブローチ〉

     

     

     【色金】Irogane

    日本の伝統的な金属工芸の着色技法“色揚げ”という工程を経ることで、独特な美しい輝きが生まれ、時を経ても腐食せず美しい色彩を保つことができます。

    古くから刀のつばや兜、帯留、キセルなど日本の多くの工芸品に用いられています。

    〈トカゲ ブローチ〉

     

     

    この機会に是非ご来店ください、お待ちしております。

     

    ◆ご来店予約はこちら・・・

    https://wako-jewelry.com/reservation/

     

    • WAKO 本通店
    • 〒730-0035 広島市中区本通5-10
    • TEL:082-247-2211  FAX:082-244-8888
    • 営業時間:10:30~19:30  定休日:水曜日