広島で長く愛用できるエンゲージリング・マリッジリング・エタニティリングの選び方。 男性から女性へ結婚の誓いを込めて贈る婚約指輪。結婚の証しとしてお互いが贈り合う結婚指輪。 一緒にするとセットリング。 すべて一生に一度しかない特別なプレゼント。何年経っても愛用できるお気に入りの指輪を選びたいですよね。 ここでは2人の大切な指輪について、選び方のポイントをご紹介しましょう。 ※こちらの記事もよく読まれております。 (クリックで記事が開きます) 広島の婚約指輪・結婚指輪の価格や相場について。【いつでも割引?広島の価格事情】 ◆ 婚約指輪(エンゲージリング)のダイヤモンドについて 婚約指輪には、ダイヤモンドを用いたものを贈るのが一般的です。ダイヤモンドが薬品や太陽光にも負けない強い耐久性を持つことから、「揺るぎない絆」「永遠の愛」を連想させること、また、その透明度が「純潔」を意味することなどが理由となっています。 ダイヤモンドは、重量を表すカラット、色を表すカラー、透明度を表すクラリティ、研磨を表すカットの頭文字を取った4Cで格付けされます。 ◆4C ≪カラット≫ カラット数の大きさは言わずもがな大きければ大きいほど価値が高く値段も上がります。 WAKOの推奨サイズは、年を重ねても小さいと感じない0.4ct以上がおすすめ。 ≪カラー≫ ダイヤモンドはカラーによって輝きが変わります。 最高のランクはD。WAKOはこのDランクのダイヤモンドをメインで扱っております。 ≪クラリティ≫ ダイヤは天然石なので、結晶体が含まれていたり、表面に傷がついているものもあります。これらは10倍の拡大検査のもと、無傷のものから目視で確認が出来るものまでランク付けしていきます。 WAKOでは目視で確認が出来ないSI1以上のランクのダイヤしか取り扱っておりません。 ≪カット≫ カラー以外にもカットの仕方で輝き方は変わります。こちらもいくつかランクがあり、左右対称かどうかやプロポーション、研磨具合なども考慮してランクが付けられます。 最高ランクは「トリプルエクセレント」と言い、特徴としてダイヤ内に8つのハートとアローが現れます。WAKOでは輝きにこだわっている為、この「トリプルエクセレント」のダイヤしか取り扱っておりません。 なかでも、無色透明で透明度が高く、丁寧に研磨されたものは、最高級のダイヤモンドとされており、婚約指輪に最適だと言えるでしょう。 詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 https://www.wako-bridal.jp/aboutjewel ◆ 婚約指輪(エンゲージリング)のデザインについて もっとも定番のデザインは、「ソリティア」と呼ばれる1粒ダイヤモンドの指輪。金属の縦爪によってダイヤモンドが持ち上げられているのが特徴です。 古くから親しまれている6本の縦爪の指輪なら正統的な印象で、フォーマルな場にも使えるでしょう。縦爪を4本にするとカジュアルな雰囲気が出て、普段使いのアクセサリーとしても違和感なくなじみます。 また、小さなダイヤモンドをぐるりと1周並べたものは「フルエタニティ」と呼ばれ、永遠の愛を意味することから、人気の高いデザインのひとつです。 フルエタニティはサイズ変更など修理がしにくいことが難点ですが、ソリティアに比べて華やかさがあるとともに、1粒1粒が光を反射するため細やかに輝いて、指を美しく見せてくれるでしょう。 ハーフエタニティもエンゲージとして人気。 ◆ 結婚指輪(マリッジリング)の選び方 ダイヤモンドが輝く華やかな婚約指輪と比べると、毎日身につける結婚指輪には飽きのこないシンプルさが求められる場合が多いようです。 実際に指にはめてみて、違和感のないものや、さり気ない仕草の邪魔をしないものがよいでしょう。 ≪結婚指輪(マリッジリングデザイン)について≫ シンプルなデザインのものが多いため商品ごとの違いがなかなかわかりづらいかもしれませんが、指の長さや太さに合わせた指輪を選ぶことで、生まれ持った指先の美しさをより引き立てられます。 たとえば、指の長い方は存在感のある幅広タイプ、短めの方は指先をすっきりと見せるV字・S字ラインのタイプがおすすめ。 光 hikari ギャラリー写真あじさい ajisai ギャラリー写真 颯爽 sassou ギャラリー写真最愛 saiai ギャラリー写真 また、指の太めの方は指先をスラリと細長く見せるV字ラインのタイプ、指が細く華奢な方は指先が貧相にならないよう小さなダイヤモンドをあしらったタイプがよいでしょう。 月鏡 tsukikagami ギャラリー写真未来 mirai ギャラリー写真 なお、なかには結婚指輪に配合されている金属によって、アレルギー反応が出る方もおられるため、金属アレルギーが心配な方はあらかじめ皮膚科でパッチテストを受けておくと安心です。 ≪結婚指輪を華やかに目立たせたいなのなら…≫ 石つきのエレガントでゴージャスなタイプがおすすめ。 ≪自然に溶け込ませたいなら…≫ セミマット・ハーフマット加工などでつや感を控えめになります。 ≪最近注目のセットリングにしたいなら‥≫ 光 hikari ギャラリー写真 未来 mirai ギャラリー写真 これから結婚する方が、一生の記念になるブライダルリングに出逢えますように。 広島で婚約指輪(エンゲージリング), 結婚指輪(マリッジリング)をお探しならWAKO BRIDAL(和光ブライダル)。 < 前へ 一覧にもどる 次へ > 来店予約 RESERVATION 店舗アクセス ACCESS メール問い合わせ MAIL カテゴリー Category 婚約指輪&結婚指輪 結婚指輪(マリッジリング) プロポーズ – 広島でジュエリーアクセサリーはWAKO JEWELY|和光ジュエリー
  • 広島でプロポーズ 25 ビュー

    広島で長く愛用できるエンゲージリング・マリッジリング・エタニティリングの選び方。 男性から女性へ結婚の誓いを込めて贈る婚約指輪。結婚の証しとしてお互いが贈り合う結婚指輪。 一緒にするとセットリング。 すべて一生に一度しかない特別なプレゼント。何年経っても愛用できるお気に入りの指輪を選びたいですよね。 ここでは2人の大切な指輪について、選び方のポイントをご紹介しましょう。 ※こちらの記事もよく読まれております。 (クリックで記事が開きます) 広島の婚約指輪・結婚指輪の価格や相場について。【いつでも割引?広島の価格事情】 ◆ 婚約指輪(エンゲージリング)のダイヤモンドについて 婚約指輪には、ダイヤモンドを用いたものを贈るのが一般的です。ダイヤモンドが薬品や太陽光にも負けない強い耐久性を持つことから、「揺るぎない絆」「永遠の愛」を連想させること、また、その透明度が「純潔」を意味することなどが理由となっています。 ダイヤモンドは、重量を表すカラット、色を表すカラー、透明度を表すクラリティ、研磨を表すカットの頭文字を取った4Cで格付けされます。 ◆4C ≪カラット≫ カラット数の大きさは言わずもがな大きければ大きいほど価値が高く値段も上がります。 WAKOの推奨サイズは、年を重ねても小さいと感じない0.4ct以上がおすすめ。 ≪カラー≫ ダイヤモンドはカラーによって輝きが変わります。 最高のランクはD。WAKOはこのDランクのダイヤモンドをメインで扱っております。 ≪クラリティ≫ ダイヤは天然石なので、結晶体が含まれていたり、表面に傷がついているものもあります。これらは10倍の拡大検査のもと、無傷のものから目視で確認が出来るものまでランク付けしていきます。 WAKOでは目視で確認が出来ないSI1以上のランクのダイヤしか取り扱っておりません。 ≪カット≫ カラー以外にもカットの仕方で輝き方は変わります。こちらもいくつかランクがあり、左右対称かどうかやプロポーション、研磨具合なども考慮してランクが付けられます。 最高ランクは「トリプルエクセレント」と言い、特徴としてダイヤ内に8つのハートとアローが現れます。WAKOでは輝きにこだわっている為、この「トリプルエクセレント」のダイヤしか取り扱っておりません。 なかでも、無色透明で透明度が高く、丁寧に研磨されたものは、最高級のダイヤモンドとされており、婚約指輪に最適だと言えるでしょう。 詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 https://www.wako-bridal.jp/aboutjewel ◆ 婚約指輪(エンゲージリング)のデザインについて もっとも定番のデザインは、「ソリティア」と呼ばれる1粒ダイヤモンドの指輪。金属の縦爪によってダイヤモンドが持ち上げられているのが特徴です。 古くから親しまれている6本の縦爪の指輪なら正統的な印象で、フォーマルな場にも使えるでしょう。縦爪を4本にするとカジュアルな雰囲気が出て、普段使いのアクセサリーとしても違和感なくなじみます。 また、小さなダイヤモンドをぐるりと1周並べたものは「フルエタニティ」と呼ばれ、永遠の愛を意味することから、人気の高いデザインのひとつです。 フルエタニティはサイズ変更など修理がしにくいことが難点ですが、ソリティアに比べて華やかさがあるとともに、1粒1粒が光を反射するため細やかに輝いて、指を美しく見せてくれるでしょう。 ハーフエタニティもエンゲージとして人気。 ◆ 結婚指輪(マリッジリング)の選び方 ダイヤモンドが輝く華やかな婚約指輪と比べると、毎日身につける結婚指輪には飽きのこないシンプルさが求められる場合が多いようです。 実際に指にはめてみて、違和感のないものや、さり気ない仕草の邪魔をしないものがよいでしょう。 ≪結婚指輪(マリッジリングデザイン)について≫ シンプルなデザインのものが多いため商品ごとの違いがなかなかわかりづらいかもしれませんが、指の長さや太さに合わせた指輪を選ぶことで、生まれ持った指先の美しさをより引き立てられます。 たとえば、指の長い方は存在感のある幅広タイプ、短めの方は指先をすっきりと見せるV字・S字ラインのタイプがおすすめ。 光 hikari ギャラリー写真あじさい ajisai ギャラリー写真 颯爽 sassou ギャラリー写真最愛 saiai ギャラリー写真 また、指の太めの方は指先をスラリと細長く見せるV字ラインのタイプ、指が細く華奢な方は指先が貧相にならないよう小さなダイヤモンドをあしらったタイプがよいでしょう。 月鏡 tsukikagami ギャラリー写真未来 mirai ギャラリー写真 なお、なかには結婚指輪に配合されている金属によって、アレルギー反応が出る方もおられるため、金属アレルギーが心配な方はあらかじめ皮膚科でパッチテストを受けておくと安心です。 ≪結婚指輪を華やかに目立たせたいなのなら…≫ 石つきのエレガントでゴージャスなタイプがおすすめ。 ≪自然に溶け込ませたいなら…≫ セミマット・ハーフマット加工などでつや感を控えめになります。 ≪最近注目のセットリングにしたいなら‥≫ 光 hikari ギャラリー写真 未来 mirai ギャラリー写真 これから結婚する方が、一生の記念になるブライダルリングに出逢えますように。 広島で婚約指輪(エンゲージリング), 結婚指輪(マリッジリング)をお探しならWAKO BRIDAL(和光ブライダル)。 < 前へ 一覧にもどる 次へ > 来店予約 RESERVATION 店舗アクセス ACCESS メール問い合わせ MAIL カテゴリー Category 婚約指輪&結婚指輪 結婚指輪(マリッジリング) プロポーズ

     

     

    広島で長く愛用できるエンゲージリング・マリッジリング・エタニティリングの選び方。

     

     

    男性から女性へ結婚の誓いを込めて贈る婚約指輪。結婚の証しとしてお互いが贈り合う結婚指輪。

     

    一緒にするとセットリング。

     

    すべて一生に一度しかない特別なプレゼント。何年経っても愛用できるお気に入りの指輪を選びたいですよね。

     

    ここでは2人の大切な指輪について、選び方のポイントをご紹介しましょう。

     

     

    ※こちらの記事もよく読まれております。

    (クリックで記事が開きます)

    広島の婚約指輪・結婚指輪の価格や相場について。【いつでも割引?広島の価格事情】

     

     

     

    ◆ 婚約指輪(エンゲージリング)のダイヤモンドについて

     

    婚約指輪には、ダイヤモンドを用いたものを贈るのが一般的です。ダイヤモンドが薬品や太陽光にも負けない強い耐久性を持つことから、「揺るぎない絆」「永遠の愛」を連想させること、また、その透明度が「純潔」を意味することなどが理由となっています。

     

    ダイヤモンドは、重量を表すカラット、色を表すカラー、透明度を表すクラリティ、研磨を表すカットの頭文字を取った4Cで格付けされます。

     

     

    ◆4C

     

    ≪カラット≫

    カラット数の大きさは言わずもがな大きければ大きいほど価値が高く値段も上がります。

    WAKOの推奨サイズは、年を重ねても小さいと感じない0.4ct以上がおすすめ。

     

    ≪カラー≫

    ダイヤモンドはカラーによって輝きが変わります。

    最高のランクはD。WAKOはこのDランクのダイヤモンドをメインで扱っております。

     

    ≪クラリティ≫

    ダイヤは天然石なので、結晶体が含まれていたり、表面に傷がついているものもあります。これらは10倍の拡大検査のもと、無傷のものから目視で確認が出来るものまでランク付けしていきます。 WAKOでは目視で確認が出来ないSI1以上のランクのダイヤしか取り扱っておりません。

     

    ≪カット≫

    カラー以外にもカットの仕方で輝き方は変わります。こちらもいくつかランクがあり、左右対称かどうかやプロポーション、研磨具合なども考慮してランクが付けられます。

     

     

    最高ランクは「トリプルエクセレント」と言い、特徴としてダイヤ内に8つのハートとアローが現れます。WAKOでは輝きにこだわっている為、この「トリプルエクセレント」のダイヤしか取り扱っておりません。

     

    なかでも、無色透明で透明度が高く、丁寧に研磨されたものは、最高級のダイヤモンドとされており、婚約指輪に最適だと言えるでしょう。

    詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

    https://www.wako-bridal.jp/aboutjewel

     

     

    ◆ 婚約指輪(エンゲージリング)のデザインについて

     

    もっとも定番のデザインは、「ソリティア」と呼ばれる1粒ダイヤモンドの指輪。金属の縦爪によってダイヤモンドが持ち上げられているのが特徴です。

     

    古くから親しまれている6本の縦爪の指輪なら正統的な印象で、フォーマルな場にも使えるでしょう。縦爪を4本にするとカジュアルな雰囲気が出て、普段使いのアクセサリーとしても違和感なくなじみます。

     

    また、小さなダイヤモンドをぐるりと1周並べたものは「フルエタニティ」と呼ばれ、永遠の愛を意味することから、人気の高いデザインのひとつです。

     

    フルエタニティはサイズ変更など修理がしにくいことが難点ですが、ソリティアに比べて華やかさがあるとともに、1粒1粒が光を反射するため細やかに輝いて、指を美しく見せてくれるでしょう。

     

    ハーフエタニティもエンゲージとして人気。

     

     

     

    ◆ 結婚指輪(マリッジリング)の選び方

     

    ダイヤモンドが輝く華やかな婚約指輪と比べると、毎日身につける結婚指輪には飽きのこないシンプルさが求められる場合が多いようです。

    実際に指にはめてみて、違和感のないものや、さり気ない仕草の邪魔をしないものがよいでしょう。

     

     

    ≪結婚指輪(マリッジリングデザイン)について≫

     

    シンプルなデザインのものが多いため商品ごとの違いがなかなかわかりづらいかもしれませんが、指の長さや太さに合わせた指輪を選ぶことで、生まれ持った指先の美しさをより引き立てられます。

     

    たとえば、指の長い方は存在感のある幅広タイプ、短めの方は指先をすっきりと見せるV字・S字ラインのタイプがおすすめ。

    光 hikari ギャラリー写真あじさい ajisai ギャラリー写真

    颯爽 sassou ギャラリー写真最愛 saiai ギャラリー写真

     

    また、指の太めの方は指先をスラリと細長く見せるV字ラインのタイプ、指が細く華奢な方は指先が貧相にならないよう小さなダイヤモンドをあしらったタイプがよいでしょう。

    月鏡 tsukikagami ギャラリー写真未来 mirai ギャラリー写真

     

    なお、なかには結婚指輪に配合されている金属によって、アレルギー反応が出る方もおられるため、金属アレルギーが心配な方はあらかじめ皮膚科でパッチテストを受けておくと安心です。

     

     

    ≪結婚指輪を華やかに目立たせたいなのなら…≫

     

    石つきのエレガントでゴージャスなタイプがおすすめ。

     

     

     

    ≪自然に溶け込ませたいなら…≫

    セミマット・ハーフマット加工などでつや感を控えめになります。

     

     

     

    ≪最近注目のセットリングにしたいなら‥≫

     

    光 hikari ギャラリー写真

    未来 mirai ギャラリー写真

    これから結婚する方が、一生の記念になるブライダルリングに出逢えますように。