和光の歴史と物語 – 広島でジュエリーアクセサリーはWAKO JEWELY|和光ジュエリー

WAKOの歴史と物語HISTORY AND STORY OF WAKO

創業者の想い

昭和28年、戦後間もなく広島で宝石・時計の販売会社としてとしてスタートした株式会社和光。
創業者の田中 稲城は、自らの戦争体験の中から広島に平和都市としての光をそそぎたいという想いから和光を創業。
当時輸入ものの宝石や腕時計はとても高価で、富裕層の方しか手に入れることが出来ませんでしたが、和光の方針として、本当に良いものを仕入れ、最高のサービスと薄利でお客様に提供することにこだわり続けた結果、多くのお客様から共感を得ることになりました。

経営方針 MANAGEMENT POLICY

広島の皆様に親しまれ、
愛される小売店を目指し、
最高の商品を
最低の価格で販売すること

1913年~2006年 創業者 田中 稲城

創業者の「品質と価格」へのこだわりは、
65年経った今でも
変わらず守り続けております。

  • since1953

    「和光本通店」創業

    昭和28年広島市革屋町(現在の本通店)に創業。
    本当に良いものを買ってもらうためのこだわりが生まれた原点

  • since1974

    「和光センター店」OPEN

    出店当時、1業種1店舗の選定基準に対して20倍を超える申込者のなかから、厳しい審査が行われ和光が指名を受け出店。
    宝飾部門で毎年売上1位(2017年現在)

  • since1992

    「和光本通店」リニューアルOPEN

    本通の一等地に位置し、中国地方で唯一の総石造りの和光ビル。

  • since2008

    「WAKO BRIDAL」OPEN!

    ジュエリーのプロフェッショナルブランドとしてこだわり抜いた新しいカタチのブライダルジュエリー専門店

  • since2010

    「WAKO BRIDAL 通販サイト」OPEN

    ブライダルジュエリーの通販サイトがあまりない時代から、先駆けて立ち上げたWAKO BRIDALの通販サイト。
    8年の実績を経て、2018年リニューアルオープン

「WAKOは100年先も輝き続けます」

美しさは、世代を超えて受け継がれる。

時を経て受け継がれていくダイヤモンドは、
物語をのせて永遠に輝き続けます。

WAKOブランドも時代と共に100年先を目指して
歩き続けます。